MENU

クリエイターのためのクレジット・データベース

MENU
CLOSE © COPYRIGHT BAUS, ALL RIGHTS RESERVED

『いま、どんな形式の「本」や読書体験があり得るか』
ブックイベントで考える「本」と「読書」の可能性。
「TRANS BOOKS 2019」

伊藤ガビン/松田行正 + 牛若丸など、多彩なメンバーが出展。他にはない本や読書体験ができる2日間

2019年11月23日(土)、24日(日)の二日間、ブックイベント「TRANS BOOKS 2019」が本の街・神保町にて開催されます。

電子書籍の利用率が上昇し、紙媒体の出版市場は減少を続ける現代。皆さんは、紙と電子書籍、どちらを選んでいますか? 両方というひと、読書にはもっぱら電子書籍というひともいれば、紙の手触りに心地よさを感じるひともいるはず。ひとりひとり、様々な楽しみ方をしていると思います。

1年に2日限りでオープンする書店「TRANS BOOKS」は、こうした状況に「読書体験の多様性」を見出し、読書体験の可能性や面白さを、もっと楽しんでもらう、考えてもらう場を目指しています。

昨年のTRANS BOOKSの様子

 

▼以前に開催されたTRANS BOOKSのスタッフクレジットはこちら

・2017年



・2018年


 

 

『広がり続けるいまの「本」と「読書」を考えるメディアなんでも書店』として2017年より開催されているTRANS BOOKS。『いま、どんな形式の「本」や読書体験があり得るか』ーーこのテーマに意欲的に取り組んでもらえる作家に本作りを依頼して制作された新刊や、既に発行されている既刊本などをセレクトして会場で販売します。出展作家は、伊藤ガビン、松田行正 + 牛若丸など、Webや、映像、グラフィックデザイナーなど様々な分野で活躍するメンバー。展示物や、トークイベントなどのディスカッションで、本の現在地を探ります。


TRANS BOOKSが開催される11月末は、秋が深まり、読書にぴったりな季節。

色々な切り口で表現される『「本」と「読書」』を体感して、自分なりの読書について考えるのも、また一興かもしれません。

 

 


 

[イベント概要] TRANS BOOKS 2019


日時:2019年11月23日(土)、24日(日)

会場:TAM COWORKING TOKYO(東京都千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル1F)

時間:11:00 – 18:30

入場料:200 円(運営に対するドネーションとして)

主催:TRANS BOOKS 運営委員会

出展作家:
荒木 悠 – 映像作家

伊藤ガビン – 編集者

exonemo – アーティスト

尾焼津早織 – アーティスト

●. (Q / period) – 新たな Q を投げかけるための実験的プロダクトデザインユニット

∧°┐ – クリエイティブ・コミュニティスペース

Christoph Knoth & Konrad Renner + !Mediengruppe Bitnik – グラフィックデザインのためのビジュアルスタジオ

contact Gonzo + YCAMバイオ・リサーチ – アーティスト + 山口情報芸術センター[YCAM] 

島田大介 – 映像作家/写真家

しみずけいた – イラストレーター

竹久直樹 – 写真家

永原真夏 – 歌手

沼田摩耶 + 川原綾子 – グラフィックアーティスト + コピーライター

HAUS++ (久保田晃弘 + HAUS) – 研究機関

松田行正 + 牛若丸 – グラフィックデザイナー + 出版社

山形一生 – アーティスト

UCNV – プログラマー / アーティスト

横山 雄 + DOOKS – グラフィックデザイナー/イラストレーター+出版レーベル

よシまるシン – デザイン / イラスト / マンガ / アニメーション / 図 / など

lololol.net – アートユニット

関連記事

  1. 東北新社のフリーランス集団「OND°」のクリエイターと、これからのキャリアのつくり方を考える

    READ MORE
  2. 『STUDY』×『skydiving magazine』インディペンデントマガジン対談。四人が考えるWebとは?紙とは?

    READ MORE
  3. エンターテイメントを進化させる -Unityを用いてライブ体験の拡張に挑戦し続けるエンターテイメント集団LATEGRA

    READ MORE