横浜市

[NIGHT SYNC YOKOHAMA 2019] webAR 特別演出

"ミラーワールド"という 新しい体験を提供

横浜市が共催する美しいイルミネーションと先端技術を活用した都市的スケールの光をシンクロさせる「NIGHT SYNC YOKOHAMA(ナイト シンク ヨコハマ) 」が、11月1日(金)より12月27日(金)まで開催されました。

毎日18時から21時の各約10分間行われる、
WebARを活用した特別演出の全体の企画・演出とWebARの実装を担当しました。

アプリケーションを使わず、スマートフォンのスクリーン
越しに現実を拡張したデジタル演出を可能とする、
「WebAR」を提案・実装し、特別演出をリッチなものに昇華しました。

プロジェクションマッピングとWebARを組み合わせた
演出は日本初の事例となり、プロジェクションマッピングの
演出の乱立で、その演出に飽きてしまった方に、新しい体験を提供しました。
来場者は拡張世界の入り口にスマートフォンで簡単にアクセスし、
性別年齢国籍問わず、現実世界と拡張世界が
一つになった“ミラーワールド”を体験できます。

メインの新港中央広場に加えて、
「象の鼻パーク」「よこはまコスモワールド」
「大さん橋」「山下公園」でも、WebAR演出に参加可能。

CREDIT

プロデューサー :
唐沢 浩介(面白法人 カヤック)

OUTPUT

注目のWORKS